camellia の日記の時間

日記や思うところなど日常の何かを書いています。

camellia の日記の時間 は kisaragi-mint の日記へ移行しました。

クリスマスって1日早まりました?

クリスマスって12月24日なの?

TwitterのTL見ててなんとなく感じてたんですが『12月24日を指してクリスマスと呼ばれている』気がするのです。そう言う認識についてどう調べたらいいのか分からず、とりあえず『クリぼっちとは』ってググってみたんですけど、『クリスマスをひとりぼっちで過ごす人物のこと。』とかそう言う表記ばかりなんですね。で、恋人云々に関する語であるクリぼっちが問題にするのはきっと性夜のある24日のはず。このあたりから想像するに、やはり昨今は『クリスマスとは12月24日を指す』ようになっているのかなぁと。

文化は変容する

皆さんご存じない方はいらっしゃらないかと思いますがクリスマスは12月25日で、12月24日はクリスマス・イヴがある日です(たぶん)。まぁこれについて「そもそも~」とか言っても仕方ないよねぇと。日本の現代に伝わる伝統文化だって発祥の頃とはすっかり様変わりしたものになっているのではないでしょうか。文化はそれが根付く土地にに暮らす人々の風習でしょうから、人々の認識が変わればそれに連れて変化するのが文化だと思うのです。文化の変容について異を唱えても仕方がありません。

とは言うものの……

本来の姿をこうもあっさり無視できるものなのだなぁ、などと人の業の深さを感じると言うか、呆れるやら感心するやらみたいな。まぁそれこそ元旦や元日、正月とかの本来の姿が薄れてる昨今ですが、これについては僕が生まれるよりも前の話です。クリスマスの日付が変わってゆく正にその過程を目の当たりにすると感慨もひとしおと言うものです。いやホントびっくり。

でもホントに?

ここまで僕の推論を起点にした話だったのですが、この推論はホントなんですかね? イマイチ確証が持てないのですが、しかし活発な変容をする文化なんてこのくらい捉えどころのないものなのかもしれません。

広告を非表示にする