camellia の日記の時間

日記や思うところなど日常の何かを書いています。

camellia の日記の時間 は kisaragi-mint の日記へ移行しました。

新世代トークアプリ755のことに思いを巡らす話

テレビCMでちょいちょい見かけるようになった次世代トークアプリを謳う『755』ですが、CMの印象としては『有名人と話せることを餌にした後発LINE』くらいの感じでした。実際には使ってみるのが分かりやすいのでしょうけど、LINEですらマトモに使えていない僕ですし、有名人とかあまり興味ないので使う気はないんですね。だからまぁちょっと運営会社を見てみることに。

運営会社は株式会社サイバーエージェントが50%、SNS株式会社が50%ずつ出資した株式会社7gogo。設立は2013年6月3日とのことで、きっとそのころのネットニュースではちょっと話題になってたのかな、と思うのですが記憶にはないです。

株式会社7gogo設立時のプレスリリースでは「著名人の公開グループトークアプリの開発をいたします。」とのことで、この一文から受ける印象は僕が最近のテレビCMから受ける印象と少し違います。なんだか著名人が参加していることが前提になってるようです。

これってすごくアメーバブログをLINEに落とし込んだら出来上がったみたいなイメージになるんですけど、日本のブログの投稿記事数のシェアでは66.62%と圧倒的なシェアを誇るアメーバブログを擁する株式会社サイバーエージェント藤田晋氏がSNS株式会社の堀江貴文氏を誘って「アメブロの要領で新しいのやろうや」とか誘ったんですかね(100%妄想ですけどね)。

堀江貴文氏が設立した株式会社ライブドアは今やLINE株式会社の子会社になってるし、じゃぁアプリLINEの対抗馬(そう勝手に思ってるんですが)みたいなアプリ755の陣営に堀江貴文氏が居るのはちょっと野次馬的に面白いのかもしれません。まぁいつぞやテレビ番組で氏が語るのを見た印象では株式会社ライブドアに今更な思い入れはないのかなぁと想像したんですけども。

それにしても昨今の著名人と言うのはブログ書くやらアプリでお話するやら、中の人ががんばってるっぽい雰囲気はバーチャルアイドルみたいになってきたなぁとなんとなく思いました。

広告を非表示にする