読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

camellia の日記の時間

日記や思うところなど日常の何かを書いています。

camellia の日記の時間 は kisaragi-mint の日記へ移行しました。

タグクラウドは検索キーワードを事前に提供しておくと言うこと

はてなブログ にタグクラウドっぽいものをブログ内検索を利用して設置する記事を書いて、「タグクラウドは検索キーワードを事前に提供しておくと言うこと」なのかなぁと感じました。

ブログの提供者としては自身が読んで欲しいと思うキーワードを示すことで、そのキーワードに興味を持った利用者が他の記事を読んでくれることが期待できます。要は利用者に読ませたい記事に誘導することができるワケです。

利用者が興味のある記事を探す方法として、タグの他にカテゴリとブログ内検索があります。前者はそんなに沢山増やせませんし、後者はキーワードが無限にあります。利用者にとって絞り込みが甘いと不自由ですし、自由度が高過ぎるのは不便です。その中間に位置するのがタグで、100個くらい作れます(SEO的に1ページのリンク数は100個程度までらしい)。

そーゆーことでタグは提供者と利用者の利害が一致したステキ機能なんですね。提供者と利用者が居るならお互いの利益になることじゃないとサービスとして成立しないのは当然なんですが、しばしば『提供者のエゴばかりが全面に出てしまって利用者の利益にならず利用者が集まらない』なんて誰も得をしない状況があるのかなぁと思います(ほとんど利用者の居ないこのブログで言えたことじゃないのですが……)。と言うワケで、タグって自由に書ける感じなんですが、利用者にとって有益なツールになるよう考えて設定したいところです。