読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

camellia の日記の時間

日記や思うところなど日常の何かを書いています。

camellia の日記の時間 は kisaragi-mint の日記へ移行しました。

ハルコ・オッペンハイマーについて思う

ハルコ・オッペンハイマー

「STAP細胞はあります!」の小保方さんが萌え(?)キャラっぽくなった件。僕はこう言うネタがキライじゃないので個人的には「やってるなー」とか「小保方さんも萌え(?)キャラになったんだしいいじゃん」とか思うんですけど、非難する声があったりそれをウザがる声があったり、色々とまぁ所謂『物議を醸している』状況らしいです。

でもね、って話です。これってノリとしては個人のワルノリって感じで、それが実際に個人のワルノリなら問題ないと思うんですうけど一流企業のスクエニさんがやっちゃうとどうかなーと。不謹慎なんかじゃなくって、考えるべきは『小保方さんの耳に入ったら彼女がどう感じるか』じゃないですかね。ただの不謹慎で誰も傷つかないなら問題ないんです。誰かがちょっと腹をたてるくらいならまぁ問題ないんです。でも今のところすっかり追いやられて弱者になってるだろう一人の人間をネタにするってのはどうもいただけないなーって思います。

もちろん話を突き詰めて『どんな話で個人が傷つくか分からない』なんてこと言う人も居るんでしょうけど、いい大人なら『程度の問題』とか考えなきゃいけないですよね。世の中は白黒はっきりしたことなんてなくてグレーなんだなんて話はガキの時分に認識することでしょう。僕らはそのグレーのなかに一定の線引きをするために色々と議論するワケで、極端な話を持ち出すのは、まぁガキのすることです。

しかし僕なんかの感覚で微妙なところは「悪く扱ってないじゃん」ってあたりでしょうか。一方的にわるく言ってるんじゃないし、あまつさえプレイヤ側のキャラクタなんだしって感覚はないでもないです。ただまぁこれは対象が女性だから思うことなのかもしれませんけどデリカシーみたいなのが欲しいかなーと。ネタにされてなんとも感じない人も大勢居るのでしょうけど、傷つく人も居るんじゃないかなーって心遣ってあげたいところです。

広告を非表示にする