読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

camellia の日記の時間

日記や思うところなど日常の何かを書いています。

camellia の日記の時間 は kisaragi-mint の日記へ移行しました。

自分がどれだけイヤがっているか分からない

うつ病の症状が改善されてきたので社会復帰の一歩として障害者の方の作業所で働くために最寄りの障害者作業施設へ話をしに行くことになったのですが、どうやらそうとうイヤだったようです。時間が近づくにつれて気分がわるくなって行動が変になってしまいました。仕方ないので断りの連絡をしたのですが。その日一日は気分わるいままでした。

最初からイヤだとは思っていたのです。しかしイヤだと言うには理由が必要だと思っている僕はその話を医師や両親にイヤだとは言えず、そして自分がどれだけイヤがっているのか分からないようなのです。実際には気分がわるくなるくらいイヤだったようなのですが。

これってきっとうつ病になる原因の一端を担っている性格の一つだと思います。きっと何かやりたい時でもそれをする理由が必要だと思っているから「やりたい」が言えないのでしょう。これでは自分の気持ちが分からずストレスを溜めてしまうことになります。

病気になってしまう人にも、そうでない人にも、こう言う性格はけっこうあるんじゃないかと思います。どこか日本人的な気がします。

広告を非表示にする