読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

camellia の日記の時間

日記や思うところなど日常の何かを書いています。

camellia の日記の時間 は kisaragi-mint の日記へ移行しました。

田舎ってダメダメだな、と

田舎に住んでいます。島根県の中でも比較的田舎の地域で、過疎が進んでいます。

さて、近年は田舎回帰的な話を聞きますが島根県は人口減少が続いているようです。他の田舎の地域でも似たようなものではないでしょうか。まぁなんだかんだ言っても田舎ってダメダメなんですね。

田舎の何がダメかって、まずは魅力がないんじゃないかと思います。田舎の魅力としてスローライフみたいなことが言われますが、人口減少が続くことを考えれば多くの人にとってそれが魅力にはならないと言うことなんでしょう。都会になくて田舎らしい魅力って大自然を味わえるとかそう言うのだと思うのです。それなのに僕が住んでいる地域とかを見ると都会から物や人を間引いたような様子です。そりゃそんなの魅力なんてないでしょう。僕が考える田舎らしい魅力って大自然の中でコンパクトにまとまった町だと思うんですね。町の中にいればある程度の物や人が集まっていて、町を出れば大自然を感じられると言うのが理想なんじゃないかと。それなのに田舎の地域は広範囲に過疎の地域が広がっていて不便極まりないのです。そんなのダメですよ。

それから田舎には特色のある産業がないと思うのです。まぁ前述のとおり都会から物や人を間引いたような状況ですから、田舎ならではの産業がなくて都会の劣化版の産業になってしまうのではないでしょうか。これについても例えば街をコンパクトにまとめて、その外側で大規模農業を展開して低コストの農産物を提供するとかすれば都会には真似のできない産業が育つのではないでしょうか。街の外にシリコンバレーを作るのでも良さそうですよね。だから広い範囲に広がった過疎の地域の住民をコンパクトにまとめる施策が必要なんじゃないかなーと。と言っても生まれ育った土地に愛着とかいうムダなこだわりを持った人が多いでしょうから難しいことなのかもしれませんが、田舎の中の都市部に移住したら得するような政策で少しずつでも進めていくのが良いのじゃないかと思います。

後は行政とかで優秀な人材確保が難しいなんて言うどうにも難しい問題があるんじゃないでしょうか。前述のように田舎に魅力がなくて人口減少が続いているということは、やはり優秀な人材が集まりにくいです。そうすると比較的優秀でない人材しか集まらず、優秀でない人材は秀逸な政策を発案して実行する能力が低いということです。そうなると一層人口減少が進んでしまいます。それで更に人口減少が進むのだとすると悪循環ですね。そのあたりどうにか解決しなくてはなりません。これについて僕にはあまり案がないのですが、まぁ簡単に考えるなら優秀な人材にとって魅力的な条件を提示することが良いのかなぁなんて思います。しかし例えば僕の父なんかが言うには「公務員は一般の人より贅沢をしていてけしからん」とかなんとかで、今以上の好条件を提示することができませんよね。まぁよく分からないのですが、地方公務員の待遇は法律で定められていて変更することができないとかあるんですかね。これについては地方自治政策が実行されれば解決できるかもしれません。

と、言うようなことで田舎はいつまで経っても魅力のない田舎を続けるしかないのかなぁとか思って希望が持てないでいるのです。

広告を非表示にする