camellia の日記の時間

日記や思うところなど日常の何かを書いています。

camellia の日記の時間 は kisaragi-mint の日記へ移行しました。

変にストレージが増えたけど僕は必要だと思ってる

「これからは家族の写真だってデジカメで撮影してストレージに保存する時代!データの保全は一般家庭でも十分な設備が必要だ!」と、思い立って NAS やらそのバックアップ用の外付け HDD を買い揃えました。データ保全の詳細は長くてややこしい話になるので割愛しますが、なんだかんだで NAS が 2 台、バックアップ用の外付け HDD が 3 台ということになりました。今思うと「どうしてそこまでやったんだ……」みたいな気分にもなるのですが、やはり重要なデータの保全には十分に装備を整えなくてはなりません。

しかしストレージはそれだけに留まりまらないのです。テレビの HDD レコーダの増設用に外付け HDD を 1 台。 DLNA による映像・音楽配信用に NAS を 1 台、そのバックアップ用の外付け HDD が 1 台。それから後はちょっとした用事で外付け HDD が 1 台。とかなんとか。

合計すると NAS が 3 台、外付け HDD が 6 台です。自分で言うのもナニかとは思いますが、なんか多いですね……。そりゃもちろんキチガイみたいな人と比べれば可愛いものですが。オタクが「俺程度はオタクじゃないよ。そんなこと言ったら本物のオタクに失礼だ。」的な匂いがしなくもないですけど。要するに一般的には十把一からげですね。

でも後の方のストレージは別としても最初のストレージ群は一般家庭でも必要な設備だと思うんですけどねぇ。だってそうじゃないですか?家族の写真が消失するようなことがあったらとてもショックです。そこはクラウドストレージにアップロードするとかありますし、僕も写真だけはそっちにもバックアップしてるんですけど。しかしインターネット回線がいくら速くなっても自宅のストレージにあるデータを閲覧する方が速いのは確かですしね。

そういう理由なのかは分かりませんが一時期 NAS が流行りました。その製品の広告ページとか見てると簡単操作みたいなことばかり書いてあってバックアップの必要性なんか書いてなかった気がするのですが、どうだったでしょうね。

し、かし。しかし。時代は完全にスマホ全盛に向かっています。なんでもスマホで撮影してそしたら勝手にクラウドストレージに保存されてみんなで閲覧みたいな感じですよきっと。そう考えると僕が古い人間のような気がしてきます。「気楽にやろうよw」みたいなのが最近の風潮のように思いますし、家族の写真を大切にとかあまり考えられてないのかもしれませんね。

広告を非表示にする