camellia の日記の時間

日記や思うところなど日常の何かを書いています。

camellia の日記の時間 は kisaragi-mint の日記へ移行しました。

僕のうつ病の症状と考え方

ふと、僕のうつ病について症状とか僕が考えることとか語ったことがないなーと思い至り、ちょっと書いてみようかと。

まずは正式な病名(?)から。非定形うつ病と言うのだそうです。「うつ病ならすべからくこれこれの症状が現れる」みたいなセオリーから外れていて、定型的じゃないということだそうです。具体的にどのあたりがどうなのか知らないんですけどね。

それで病状ですが、とりあえずマイナス思考で憂鬱で何も面白くなくてやる気がないです。それから体がダルくて体を起こしていることが困難です。更に冬になると異常に寒さを感じることがあります。後は病状が流動的で比較的良い時期もあれば悪い時期もあるといったところです。ひとまず今思い当たるのはこれくらいでしょうか。

で、上記の症状をなくす治療なんですが僕が今通院しているクリニックでは投薬治療のみです。流動的な病状に合わせて常に処方が少しずつ変化しています。まぁ例えば病状が軽くなって気分が上がっているときに気分が上がる処方をしていると気分が上がりすぎて暴れるとかあるので慎重に状況を伝えて処方を変更しなくてはなりません。

上述のような治療を続ける中で分かったのは処方がハマれば元気に生活できることです。一時は社会復帰して 1 年半のあいだ普通に仕事をしていた時期もあります。だから処方がハマらない時にはやろうとしてもできない・やろうとすら思い至らないことも処方がハマれば自然と何の苦もなく行えるのです。このことから僕はうつ病治療は投薬が全てだと考えています。ただし他の人がどうなのかは分からないのですけどね。なんだか「治療のためにこれこれをやりなさい」みたいな話があるとかなんとか聞いたことがあるのですが、僕にしてみれば「それができるように投薬してくれよ」と言うことになります。だって病状が悪化すると治療する意思すら失せるんですから。

詳細に書くのはあまり得意ではないのでこの程度の話になってしまいますが「こんな病状の人もいるよ」程度に理解して頂きたいと思います。

広告を非表示にする