読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

camellia の日記の時間

日記や思うところなど日常の何かを書いています。

camellia の日記の時間 は kisaragi-mint の日記へ移行しました。

薬物耐性

いろいろ うつ病

薬
Photo:フリー写真素材ぱくたそ

精神科のクリニックに通院しているわけですが、診察の際についでで医師に尋ねてみました。薬に耐性がつくかどうかについて。

医師は「あぁ薬物耐性ね。あるよ。」と気軽に話を始められました。曰く「お酒と同じで肝臓で分泌される分解酵素がどうのこうの」、「脳内の受容体が減ってどうとかこうとか」。そんな感じの話でした。要するに薬を服用し続ければ薬物耐性がつくのだと。ただ、こうも言われていました。「一年くらい服用し続けないとそうはならない」と。

僕の場合はとりあえずフルニトラゼパムでしょうか。長期間使用すべきでないって話は置いておいて。初めて服用した頃には飲んだ記憶さえ飛ばして眠れていたのに今では全く効果がありません。 OD しまくればどうか分かりませんが、通常量 2mg のところを 4mg や 6mg にする程度では効果がないようです。こうなるのに半年もかかっていないと思います。

それからリスペリドン。液体の方を鎮静用の頓服として処方してもらっていて、そもそも副作用に不眠があるにも関わらず僕にとっては強い睡眠効果がある薬です。例えばある日の午前中に苛々が収まらないから服用すると翌日の昼頃まで寝続けるようなものです。不思議な事に服用した時間帯にかぎらず目を覚ますのは翌日の正午前後なのですが。で、この薬はもう二年くらい処方してもらっているのですが、しかし苛々した時だけなのでほとんど服用していません。最近になって徹夜が続くことも頻繁になったため睡眠薬として服用するように処方してもらっているのですが、これがまた以前ほど効かないのです。正午頃まで眠ることもありますが、朝方に目が覚めたり寝付けないことすらあります。

さて、医師曰く「一年くらい服用し続けないと~」とのことだったのですが、どうもそれより早い段階で耐性が付いている気がしてなりません。まぁ一年が半年になるくらいは誤差の範囲なのかもしれませんが、とは言え僕としては嬉しい話じゃないですね。

話は変わりますが「お酒は飲んでいるうちに強くなる」は嘘だと聞いたことがあるのですが、今回医師から聞いた話によればやはり肝臓の分解酵素が増えたりしてお酒を飲み続けると強くなるっぽいですね。だからって飲みまくっていいものじゃないのですけど。そうそう、昔の殿様だか王様だかは毒を盛られても死なないように平常時から少しずつ毒を服用していたなんて話にも信ぴょう性が出てきますね。僕は眉唾だと思ってたんですが。

そんなこんなの薬物耐性に関するレポートでした。

広告を非表示にする