読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

camellia の日記の時間

日記や思うところなど日常の何かを書いています。

camellia の日記の時間 は kisaragi-mint の日記へ移行しました。

遺産

いろいろ

僕がまとめた香典リストをめくって溜め息する母。曰く「もらってるわ……」。何処ぞの誰ぞが亡くなったらしく「ウチの祖父母が亡くなった際に香典をもらっているなら今度はあげないといけない」と言う話です。そんな様子を見て「あぁ、これは負の遺産的なものだな」などと思ったのです。

前述は少し違うのですが、この負の遺産的なものは田舎でしばしば見かけることがあるものです。前の代は大金持ちで大きな家を建て、それを継いだ今の代は儲けが少ない。そうなると残された家土地の維持が大変になるワケです。まぁ僕くらいの年代ならさっさと売り払ってしまうものでしょうが、僕の両親くらいの年代だと持ち家だとかそう言ったものに執着的な思いを寄せる人が少なくないように感じます。面倒なものですね。

さて、話を最初に戻すとその香典とは金融商品と借金を合わせたようなものじゃないでしょうか。亡くなったのが景気の良い頃なら、相場はあれど比較的高額な香典をもらっているのだと思います。それが、景気のわるくなった頃にお返しのように香典を渡さなくてはならないとなるとなかなか苦しい感じですね。まぁ苦しいながらも出費に耐えられていることを幸いと思うしかないでしょうか。

それにしても僕の家系、 100 年くらい前には地元でちょっとした名家だったのだそうです。恋愛結婚が許されないとか、養子をもらってでも家を存続させないといけないとか、そんな感じです。ちなみに養子を 2 回迎えているので元の家系とは赤の他人なんですが。まぁそれはそれとして、両親には失礼ですが、落ちぶれてしまったものです。僕なんて 39 歳のニートですから一人の人生の中ですらひどい没落ぶり。ご先祖に申し訳ない気はしませんけど、しませんけど、当時の遺産的なものはどうなっちゃったんでしょうね。当時とは家土地が変わってしまっているので庭を掘り返しても隠し遺産なんて出てこないですし……。

広告を非表示にする