読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

camellia の日記の時間

日記や思うところなど日常の何かを書いています。

camellia の日記の時間 は kisaragi-mint の日記へ移行しました。

電子書籍について

いろいろ

電子書籍と言っても僕の場合は AmazonKindle 一辺倒なんですが、少なくとも小説作品については紙媒体より電子書籍を選ばない理由がないくらいに電子書籍推しです。人それぞれ思うところはあるかと思いますが僕の考えていることについてのお話です。

ハンドリング

書籍のハンドリング、すなわち扱いやすさなんですが、これについては現状紙媒体がかなり有利だと思います。ぱらぱらめくってなんとなく操作するのは紙が良いですね。ただ、これは小説作品に限って言うならさほどぱらぱらめくって目的のページを探すこともほとんどないのかな、と思うのです。いや、少なくとも僕はしないんですね。で、まぁ全文検索とかするとなると電子書籍にしかできないことなので、この点は電子書籍の素晴らしいところでしょうか。

価格

書籍自体の価格は電子書籍のほうが安価ですね。で、もっと言うと紙媒体の書籍を溜め込んで古本屋さんに売るとなると二束三文で買い叩かれることになります。このあたりを見ると、安価に購入できて財産としては電子書籍サービスが終了するまで保存されるわけですから電子書籍が圧倒的に有利なんじゃないでしょうか。以前は「電子書籍サービスが終了したら財産が消失する」みたいな話がありましたが、紙媒体を溜め込んでしまって結局売っ払うなら関係ないですね。このあたり、どうしても手元に置いておきたい作品のみ紙媒体で購入すれば良いのかなーと思います。

しかし価格に関して大きな問題になってくるのが電子書籍リーダの端末価格です。 Kindle について言えば最低でも通常価格が 9,000 円、僕はプライム会員なので 5,000 円での購入になります。 5,000 円程度なら電子書籍の割り引き分で、デバイスが壊れるまで使ってれば十分にペイできる価格かと思います。 9,000 円だとちょっと厳しいかなーと言う気がしますね。このあたりは結局ライフスタイルで話が変わってくるのでしょう。

あぁ、でも最近は標準装備になったスマホKindle アプリを使えば端末価格はゼロですね。僕はサイズ的にファブレットでさえ使う気になれませんが。

利便性

僕はけっこうな田舎に住んでいるので電子初期の恩恵を大きく受けていることになります。まともな書店まで自動車で 1 時間くらいかかってしまいますし、そもそも遊びに出かけたついでで書店によるなんて遊ぶ街がない田舎にあっては不可能な話です。実質、書店へ買いに行くのはムリな感じです。目的の書籍が決まっているなら別ですが、それならいっそ Amazon で紙書籍を注文するのが楽ですね。

更に言うと電子書籍は 24 時間 365 日いつでも購入して即読み始めることができます。例えば 0 時に一冊読み終わったら Amazon で新しい書籍を探して購入することで直ぐに読み始められるんですね。

都会ならば書店で背表紙眺めながらぷらぷらしてテキトーに購入するとかできて素敵なのですが、これについては紙書籍か電子書籍かの違いはありませんね。見つけた書籍を書店で買うのか Amazon で買うのかの違いですから。

そう言ったあたりを鑑みるに利便性については電子書籍が圧倒的に良いのではないでしょうか。こう言ったあたりに価値を感じるかどうかで電子書籍の端末価格を高いと感じるか安いと感じるかに違いが出るかもしれません。

情緒

情緒、紙書籍のためにあるような言葉ですね。正に情緒という点においては紙書籍が圧倒的に良いでしょう。紙をめくる感覚が~とかは思わないのですが、お気に入りのブックカバーだとか、お気に入りの栞だとか、栞に香水で香りをつけるだとか、そう言った気分的な面で紙書籍はホント良いですね。

ただ、これについて僕は捨ててしまいました。以前は神戸に住んでいて外出時に紙書籍を持ち歩いて時間があれば読んでいたのですが、田舎に引っ越してからは外出先で時間があると言うことがないんですね。目的地に自動車を運転していって買うもの買ったらまた自動車を運転して帰ってくるのです。基本的に読書するような時間はないのです。自宅で読むらならブックカバーに入れるのも虚しい感じですし、もういいやって感じです。

総括?

結局のところ僕は少なくとも小説作品については電子書籍一択です。紙書籍って置き場に困るんですよね。

広告を非表示にする