読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

camellia の日記の時間

日記や思うところなど日常の何かを書いています。

camellia の日記の時間 は kisaragi-mint の日記へ移行しました。

パクツイという概念はナンセンス

Twitter で「あ!パクツイだ!」って思うときがあるんですが、ちょっと冷静になってみると「ツイートの時間を確認しないといけないなー」などと気づきます。

しかしです。更に考えてみればそもそも両方パクツイの可能性もあるワケです。そうなると Twitter 検索してオリジナルのツイートを探し出すのではないとはっきりしないことが分かります。

しかし、しかしです。そもそものそもそも、 Twitter でのツイートがオリジナルなのかどうか分からないのです。もしかしたら某掲示板からパクって来た可能性だってあるのですから。

で、ここまで来るともうパクツイを確認するのは事実上不可能な場合も多々あるのではないでしょうか。だから逆に「パクるのはとても簡単で、それ確認するのはとても難しい」というインターネットの性質を前提にして考えるなら、パクツイという概念自体がナンセンスと言うこともできるんじゃないかと思います。

現状のコンピュータ、インターネット技術では上記のようにコンテンツのオリジナルを明示的に確認することができないのですが、将来それが可能になるかもしれません。例えば、あらゆるコンテンツがインターネット上のアカウントと紐付けられて、コピーはあくまでもコピーとして扱われるような環境が実現するかもしれません。そうするとパクツイはパクツイとして忌み嫌われるのが健全なインターネットのように思われます。

であるとするならば、パクツイをパクツイとして忌み嫌う風土を残しておく必要があるのではないでしょうか。

そういった点において現状でパクツイという概念がナンセンスだからといって完全に諦めてしまうのも問題なのかもしれません。ただ、とは言え現状でパクツイを確認するのがとても困難であることに変わりはなく「じゃぁどうするんだ」という話になります。このあたりが難しいところではないでしょうか。

僕にはどうしていいのかよく分かりません。まぁ誰かが気にしていてくれるでしょうから、おまかせして僕は気にしない方向で行くことにしていますが。

広告を非表示にする