読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

camellia の日記の時間

日記や思うところなど日常の何かを書いています。

camellia の日記の時間 は kisaragi-mint の日記へ移行しました。

書籍紹介のカテゴリ表

剣と魔法のファンタジー

敵対する人や魔物などと、剣や魔法で戦うことが日常的なこととして描かれる世界。エルフやドワーフ、精霊など空想の存在とされる種族が登場することが多いようです。また、しばしば中世欧風の世界観だがここではそれに限定しませんが、それと異なる作品の場合は別途その区分を明記します。

中世欧風

主に町並みや服装、統治形態が中世ヨーロッパを連想させる世界。ファンタジックで幻想的な演出のためのものであり厳密に時代考証すれば事実と異なるかもしれませんが、僕自身よく分からないので「なんとなく」区別します。

異世界転生

現代日本から何らかの事情で異世界へ生まわ変わった設定です。物語の進行に大きな違いはないかもしれませんが、異世界へ生まれるところから始まるのではない「異世界転移」とは区別します。また、多くの場合は異世界に転生したこと自体が物語に大きく影響しないのですが、主人公の考えが現代日本の感覚で語られたりするなど分かりやすくなっていると言えるのではないでしょうか。物語に影響する点として「主人公以外にも転生した人物が存在し、それが何らかの意味を持つ」と言ったところです。

異世界転移

現代日本から何らかの事情で異世界に転移した設定です。物語の進行に大きな違いはないかもしれませんが、異世界転移するのではない「異世界転生」とは区別します。また、多くの場合は異世界に転移したこと自体が物語に大きく影響しないのですが、主人公の考えが現代日本の感覚で語られたりするなど分かりやすくなっていると言えるのではないでしょうか。他には、しばしばファンタジーモノのビデオゲームの世界に入り込むと言う設定になっていて、この場合はゲームで使用されるレベルやステータスなどのシステムを引き継ぐことが多いようです。

クライマックスがある

一冊の内で大きな課題に挑みクライマックスを迎える話で、「ハラハラドキドキ感」があるため精神的な躍動感を持って読むことができます。実のところ僕はこう言った作品しか存在しないものだとばかり思っていました。

クライマックスがない

「一冊の内で大きな課題に挑みクライマックスを迎える」ことがない話で、諸々の出来事を比較的小さな波(クライマックス的なもの)をもって進行していきます。クライマックスがあるタイプと比較して「ハラハラドキドキ感」がないため、読んで字の如く盛り上がりに欠けますが安心して読むことができます。ラノベばかり読む僕からすると夏目漱石の「こころ」などに近く感じられます。

広告を非表示にする